アリギリスな毎日

東京賃貸2人暮らし:年間生活費300万円目標 +旅費。そんな暮らしを綴る日記です

アリギリスな毎日


東京賃貸2人暮らし:年間生活費 300万円目標 + 旅費、そんな暮らしを綴る日記です



楽するキャンプ、基本は料理をしないキャンプスタイルです

温泉と食事処付き、楽できるキャンプ場を厳選しています 

温泉と食事処があるキャンプ場

キャンプで料理をしないというのは、あまり無いかもしれませんが、我が家は基本しません(^-^;。大きな理由は、バイクなので荷物をコンパクトにするのが重要なのと、料理よりも走ったり観光したりが目的だからです。そして温泉とお酒好きなので、キャンプ場はかなり厳選しています。

  • 徒歩で行かれる温泉施設が併設隣接されている
  • 温泉には露天風呂もある♪
  • 温泉施設には食事処があり、夜も営業している
  • 冷えた飲み物やお酒がある
  • 食事は1000円前後で食べられる
  • 売店で多少の食べ物や飲み物が売っている
  • 焚火は欠かせないので、薪や炭が売っている
  • ゴミは捨てられる
  • あわよくばバイク特有の格安料金がある
  • あわよくばキャンプ場利用者には温泉割引がある

こんな条件を満たすところを何とか探しだして出掛けています。

キャンプ場に近くなったらコンビニやスーパーに寄り、水やワイン、朝食用のパンや食材、おつまみなどを買ってキャンプ場に向かい、サイトに着いたらまず乾杯(笑)、テントを張り、すぐに眠れるようにテント内を整えたら徒歩で温泉に。

温泉後はビールと食事処で食事。天気をチェックして明日の予定など計画。晴れていればツーリング、曇りなら観光多めに。悪天候ならホテル探し。お腹が満たされ寛いだらテントへに向かい、焚火をおこして、おつまみとワイン。

おつまみはコンビニで買った食材をバウルーで焼いたりもします。翌朝はコーヒーを淹れ、ホットサンドを作ったり、寒い時はカップラーメンも美味しい!

バウルーは直火で使えるホットサンドメーカーなのですが、ホットサンド、焼きおにぎり、ナスやアスパラ、きのこなどのグリル、焼きウインナーや焼鶏などなど、これさえあれば結構いろいろ楽しめます。

買ってきたパンやおにぎりを挟んで焼くだけ、道の駅などで買った野菜も切って焼くだけ、ウインナーやお肉も焼くだけ、バウルー大好きです。塩コショウはコンタクトケースに入れて持って行きます。 

www.bawloo.com

コンビニは本当に便利ですね。パンを買いコロッケを買いソースを貰えば、それでホットサンドができます。ポテトサラダを挟んでもいいし、ハンバーグ挟んでも。サラダも充実しているし、小分けドレッシングもある。

汁物はコッヘルで温めます。今やコンビニで、ビーフシチューも豚汁も買える。これでお酒のお供も朝食も、時には夕食だって二人分なら全く困りません。

楽するキャンプは洗剤もスポンジも無し、洗い場には行きません

フッ素加工のバウルーや、食器類やコッヘルを洗い場に行って洗うことはありません。必ず持って行くのは赤ちゃんのお尻拭き(笑)。これで拭いて済ませます。手拭きにもなるし、我が家のキャンプにはかかせない重要なものです。

中年夫婦に体力温存はとても大事なので、こんな楽するキャンプスタイルになりました。10時には寝て6時前に起き、連泊なら清々しい朝からツーリングできるスタイルに落ち着いた次第です。お昼ごはんも外食。回数を重ねて経験を積むと、マイスタイルができるものですね。

ちなみに寒さ対策は貼るホッカイロがなかなかの威力を発揮します。腰・背中・足などにベタベタと貼ってます。それと寝心地をよくするのは、我が家はこのエアクッションになりました↓。

http://www.yokk.jp/travel/yokkshion/index.html

温泉と食事処付き、楽できるキャンプ場です↓

温泉と食事処のお休みだけはよーくチェックして行きましょう( ^^) 。