アリギリスな毎日

東京賃貸2人暮らし:年間生活費300万円目標 +旅費。そんな暮らしを綴る日記です

アリギリスな毎日


東京賃貸2人暮らし:年間生活費 300万円目標 + 旅費、そんな暮らしを綴る日記です



自分の親なら尚の事、同居には覚悟が必要そう

子供に迷惑かけたくないと言っても、本音は側にいて欲しい

先日あることで実親の本音が透けて見え、少々驚きました。子供に迷惑をかけたくないと口では言っても、迷惑をかけるだろうけど子供なんだから側にいて欲しい、そんな気持ちがにじみ出ていました。でも、自然な感情ですよね。

私はどこかで同居の覚悟をしていますが、親の様子を見て、正直これは大変だと思いました。全員ではないけど、高齢になると体だけではなく脳も少しずつ老化して、人への気遣いよりも自分の気持ちがより前にでてしまいます。抑制のブレーキが効きにくい状態です。自分の親もややその状態にあると思っています。

親の発言から推測したのは、いつの日か親にサポートが必要になり私が同居をすることになったら、私の自由は限りなく無くなるだろういうこと。子供にも息抜きが必要だから、と自らデイサービスに行ったり、たまには夫婦で出かけて来なさい、と気遣いができる状態ならいいですが、脳の老化が進めば、きっとそれは出来ません

私が息抜きを求めショートステイを利用しようと画策しようものなら、なぜ私を見捨てるの、娘なのに!と激高するかも。もしかしてもっと酷いことを言われるかもしれない…。何となくそんな想像ができてしまったのです。。

介護者は言われた事を忘れられず、傷付き疲弊すると思う

介護者だって時に感情が表に出てしまいます。それを介護される側は察知し自信喪失にも繋がりますが、誰だって自尊心はあるから今度は自分を守るために言い訳をしたり怒りの感情が出たりします。

毎日側にいる介護者は不満をぶつけられることも多くなり、お互いイライラが募るとあまりいいことはありませんよね。介護者に対して口撃が繰り返されるようになると、やっぱり人間ですから堪えます。そして厄介なことに介護される側は言ったことを忘れても介護者は忘れられない。深く傷付きとても悲しくなると思うのです。毎日これだけのことをしているのに…って。

完全同居はそんなリスクを感じます。日々お世話をしている一番負担のある介護者が、なぜか一番傷つくのは辛いです。でも介護ではよくあるパターンかも。身近な人がより辛い目にあいます。だから私はやっぱり一人で介護を抱え込むのは得策ではないと思いました。

子供のいない私は期待されがち。一時的には出来ると思いますが、長期的にはきっと無理。自分が壊れそうです。できるだけ自分以外の人からも協力を得て、理想は笑顔で接すること。楽しい時間を作ってあげられること。複雑な想いは避けられないと思うけど、家族だからやっぱり大切にして行きたい。これが私の本音です。

脳の老化で我儘になっていくのは、いつか自分も通る道です。だけど私には子供がいないので変ですが少しほっとしています。私の我儘で大迷惑をこうむるのは夫かも、夫なら、まぁいいか(笑)、どうか許してね。

hopstep2018.hatenablog.com

hopstep2018.hatenablog.com