アリギリスな毎日

東京賃貸2人暮らし:年間生活費300万円目標 +旅費。そんな暮らしを綴る日記です

アリギリスな毎日


東京賃貸2人暮らし:年間生活費 300万円目標 + 旅費、そんな暮らしを綴る日記です



キャンプ道具一式の値段、初期投資はいくら?

最初のお試しテントは、格安の5,000円のものでした

タンデム(バイク2人乗り)でキャンプツーリングが果たして出来るのか?チャレンジになると思ったので、最初は5,000円の格安テントでスタートしました。ノースイーグルというメーカーのものでしたが、いろいろ素晴らしいなと思いました。

他の道具や小物も、できるだけホームセンターや100均で揃えました。なので初期投資は6万円以下だと思います。それから回数を重ねるうちに改良点が見えてきて、必要だと思ったものは買い替えることに。

格安テントは気に入っていたのですが、前室の必要性を強く感じて早々に買い替えました。タープを買い足してテントはそのままという方法もありましたが、我が家は前室のある設営の楽なテントを探し、新しく購入することにしました。

ペグは付属品だとすぐに曲がるので丈夫なペグを買いました。ハンマーも結構大事です。100均のハンマーでは力不足でした(^-^;。それなりのものに買い換えたら、ペグ打ちとペグ抜きが早くなりました。

それから寝心地を追求する為にマットを変えたり、エアクッションを取り入れたりしました。椅子とテーブルは今も格安のままです(笑)。ホットサンドメーカーは、もともと持っていたバウルー。今使っている道具のおおよその値段は以下です↓

  • テント 34,000円
  • グランドシート 1,500円
  • ペグ18本 6,000円
  • ペグハンマー2,000円
  • 焚火台 3,000円
  • 寝袋×2個 9,000円
  • マット×2個 4,000円
  • エアクッション×2個 4,000円
  • ランタン×2個 3,000円
  • 椅子×2個 1,000円
  • テーブル 2,000円
  • ガスバーナー 4,000円
  • ホットサンドメーカー 5,000円
  • コッヘル 1,000円
  • 食器 1,000円
  • その他小物 10,000円

計90,500円 ※大人2人キャンプ

必要なものはキャンプスタイルによって変わるので、マイスタイルを追求しつつ、道具を揃えていくことになると思います。道具の値段は本当にピンキリ、凝りだすと散財の可能性ありです。要注意(^-^;。

ちなみに最初の格安テントは、災害の時に役立つと思ってまだ持っています。