アリギリスな毎日

東京賃貸2人暮らし:年間生活費300万円目標 +旅費。そんな暮らしを綴る日記です

アリギリスな毎日


東京賃貸2人暮らし:年間生活費 300万円目標 + 旅費、そんな暮らしを綴る日記です



長期投資、どこまで損失に耐えられそう?取れるリスクを考える

お金が例え半分に減っても、狼狽えず、ただただ買い続けることが私にできるでしょうか?

積立長期投資は、毎月一定のお金を積み立てますが、それはもう淡々と、ない物と思って20年30年40年と過ごすわけですよね。複利効果の威力を生かすには20年より30年、30年より40年です。その間、そのお金は使えません。

つまらないけど、投資したお金が着実に増えていくならば続けることは出来そうです。問題は途中で、大きくマイナスに転じた時です。毎日毎日減っていく状況でも、淡々と積立ができるでしょうか?どれほどのマイナスまで、自分のハートが耐えられそうか考えておくことは大事だと思います。

投資額の半分になってしまう状況も、全然あり得ると思います。運悪くそういう状況になってしまったら、例え世界に投資をしていても、10年以上待たないと欲しい利益は乗らないかもしれません。下がり続ける状況でも買い続ける、待ち続ける、その事こそが未来の自分を救う、のが長期投資のはずです。

頭では分かっていても、その時、狼狽せず、途中で売らず、未来を信じて買い続けることができるのは一体いくらなのか?待つための資金的体力はあるか?その時の年齢も運命を大きく左右するはず。こういう事は、人それぞれ違うだろうから、大変だけど自分で考えなくてはいけませんね。

投資のリスクを知って、リスク管理をするのは自己責任

どうやってリスクを分散するか、どの投資信託を選ぶか?いくらの損失まで耐えられるか?多くの日本人にとって、貯金しておくだけでよい時代は終わり、リスクを取って行かなくてはいけない時代になったんだと思います。

事実、『積立長期投資が一番ローリスクで、リターンが得やすい簡単な方法なんだから頑張って!』というのが国も推奨するiDeCoなんだと思います。60歳までおろせないのは何よりも老後の為。長期投資をしてもらう為だと思います。国の年金は全然足りてないから、どうか個人で自助努力をして下さい、そういうことなんだと思います。

我が家も積立投資を始めてみましたが、果たしてずっと先の結末はどうなるでしょうか?取れるリスクを考え、リスクを分散して、自分のハートが耐えられる状態を自分で整えていかなくては駄目ですね。まだまだ勉強中です。

長期投資は初心者で未知の世界ですから、不安は多いにあります。今40代なので、20年後30年後の60代70代で、ぜひ良い結果が欲しいところです。

hopstep2018.hatenablog.com

hopstep2018.hatenablog.com