アリギリスな毎日

東京賃貸2人暮らし:年間生活費300万円目標 +旅費。そんな暮らしを綴る日記です

アリギリスな毎日


東京賃貸2人暮らし:年間生活費 300万円目標 + 旅費、そんな暮らしを綴る日記です



マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画

ムーア監督の作品、高校生くらいになったらお薦め

今日、全米の高校生ら約15万人が銃規制強化を求めて抗議デモ、のニュースを見ました。思い出したのが、ムーア監督の『ボウリング・フォー・コロンバイン

この作品では、“カナダはアメリカ以上に銃の普及率が高いのに、銃犯罪の発生率が低いのはなぜなのか?”という疑問に迫っています。アメリカで銃を規制すれば、それで問題は終わり、ではきっとないと思う。

ムーア監督のドキュメンタリー映画は、突撃スタイルのコメディーという新しい側面を持っています。なんというか、顔を歪めながら笑ってしまいます。とにかく皮肉たっぷり。自分の息子のイラク行きを提案された議員や、ナイキのフィル・ナイト氏の表情も忘れられない。ナイキの靴、どうも買えなくなりました(^-^;。

以下、私が見たことがある作品です。

どこの国にも問題はあります。ムーア監督の映画にも賛否両論あると思う。でも、何が正しく真実かは分からないけど、敷居を低くしてアメリカの社会問題を提起してくれるのが素晴らしい。そしてこんな映画を作るのは相当勇気がいることだと思います。

何かを感じて自分の頭で考えるためにも、高校生くらいになったらぜひお薦めの映画です。今、日本では憲法9条の改正問題もありますしね。最近の新作見ていないので、どこかで見たい。過去の作品ももう一度見たいな。

書いていたら1992年に起きたハロウィンでの日本人留学生射殺事件も思い出しました。高校生の時、LAにホームステイをしたことがある私としては衝撃でした。