アリギリスな毎日

東京賃貸2人暮らし:年間生活費300万円目標 +旅費。そんな暮らしを綴る日記です

アリギリスな毎日


東京賃貸2人暮らし:年間生活費 300万円目標 + 旅費、そんな暮らしを綴る日記です



日焼けと馬油と湿潤療法

火傷を早く治してくれる馬油、自己治癒力を引き出す湿潤療法

馬油の効果に興味があって、以前、旅行先で純馬油を買いました。手荒れが酷くなった時に使っていたのですが、先日思った以上に日焼けをしてしまい焦りました…。それで火傷には馬油、を思い出し顔に塗ったら落ち着き始めました。

馬油は、人間の肌に浸透しやすいという特徴を持っているそうです。人の肌の油と近い成分のよう。そして少ない量で驚くほどよく伸びます。だからたくさんつける必要はないです。あっという間にサラサラするとは言いませんが(笑)、確かに浸透力は感じます。いつまでもベタベタするようなことはないです。

馬油には抗菌効果もあるそうです。細菌が入り炎症がひどくなると膿んでしまいますが、馬油はその細菌の繁殖を食い止めてくれるバリアを作るようです。

私が小さい頃は、擦り傷を作ると消毒して乾かしていましたが、その方法はもう古いようですね(^-^;。早く傷を治すには乾かさず湿潤療法うるおい療法・モイストヒーリングともいう)が良いそうです。傷口からでる浸出液をふき取ってしまいがちですが、あの浸出液は傷を潤わせ早く治すのに大事なものだそう。

潤いを保つ為の絆創膏なども今は売っていますよね。馬油はその絆創膏と同じように、潤いに蓋をして湿度を保ってくれるんだと思います。

日焼けも軽い火傷です。日焼けで赤くなり乾燥してピリピリした肌を馬油は潤わせ落ち着かせてくれました。ただ買ってから時間が経っていたので、酸化が進んでいるような油臭い匂いが気になります。

馬油の良さを再確認したので、新しいものを購入しようと思います。酸化防止には冷蔵庫保存がいいようなので、今後はそうしたいと思います。一家に一つ馬油、いいかもしれません( ^^) 。Amazonで馬油を見ると、やはり高評価ですね。