アリギリスな毎日

東京賃貸2人暮らし:年間生活費300万円目標 +旅費。そんな暮らしを綴る日記です

アリギリスな毎日


東京賃貸2人暮らし:年間生活費 300万円目標 + 旅費、そんな暮らしを綴る日記です



クローゼット以外に衣類を掛ける場所を適所に設ける

片付いた部屋にするために、掛ける場所を適所に十分に

帰宅した時に玄関にコートを掛ける、被っていた帽子を掛ける、リビングに来てバッグを掛ける、部屋着に着替えるために脱いだボトムやセーターを一時的にクローゼット以外のところに掛ける。

もし掛けるところがなければ、ソファや椅子の背もたれ、あるいは床などに置くことになりがち。そしてそのままの状態が続いたり重なったりすると、あっという間に散らかった部屋に(^^;)。

だから片付いた部屋にする為には、クローゼット以外に衣類やバッグを掛ける場所を適所に設けることが大事だなと思います。家族の人数を考えて、とにかく適所に十分にあることが大事だと思います。

それから、その掛けるという作業が極力簡単なことが重要です。ボトムはハンガーに掛けるより可能ならS字フックで吊るす方が断然楽。面倒臭いと思う作業を無くすと、家族も自然と続くと思います。

ランドセルや習い事バッグ、制服を掛ける場所、汚れた衣類を入れるランドリーボックス、仕分けて欲しいならそのような工夫をあらかじめする。片付ける為のベースさえ整えておけば、リビングのソファや床に衣類やバッグが散乱する事が無くなるかも。

いつもリビングに置かれていて困るものがあったら、その行き先を作る。しかも面倒と思わない場所に面倒と思わない方法で作る。それを繰り返すとあまり苦労なく部屋が片付いて行くと思うのですが、どうでしょうか。

私はそんなことを考えたり、工夫して改善するのが好きです( ^^)。