アリギリスな毎日

東京賃貸2人暮らし:年間生活費300万円目標 +旅費。そんな暮らしを綴る日記です

アリギリスな毎日


東京賃貸2人暮らし:年間生活費 300万円目標 + 旅費、そんな暮らしを綴る日記です



黒字家計の黄金家計比率

赤字家計を黒字に変える、家計の黄金比率について

私が家計の見直しをしたとき、参考にしたのがインターネットで見つけた“家計の黄金比率”というものです。これは分かりやすくていいと思いました。家計再生コンサルタントの横山光昭さんが提案されたよう。 

この黄金比率を参考に家計を組めば、誰でも自然に黒字になると思います。ただ比率は完全に1つではなく家族構成によって多少違うようだし詳しくは分かりません。私は預貯金を少し多めにして以下の比率にしました。 

  • 預貯金(先取りしてしまう)20%
  • 住居費(修繕管理費・駐車場代・更新料も含める)25%
  • 水道光熱費(春と秋は抑え、冬と夏に備える)6%
  • 通信費(携帯・固定電話・ネット回線)5%
  • 食費(お米やお酒も含める)15%
  • 日用品(食費と一緒にして全体で17%でもよい)2%
  • 保険(入りすぎないように)4%
  • 医療(0の月があっても多くかかる月に備える)2%
  • お小遣い(なくてはならない・笑)8%
  • 娯楽費(なくてはならない・笑)5%
  • その他(教育・車関係・服飾・理美容・家電・冠婚葬祭など)8%

例えば手取り25万円とすると以下↓のようになります。一人暮らしでも二人でも三人家族でも基本は同じに考えていいと思います。 ※お子さんがいる場合に頂ける児童手当は手取りに入れず、そっくり教育費用に貯める・使うでいいと思います

  • 預貯金(先取りしてしまう)50,000円
  • 住居費(修繕管理費・駐車場代・更新料も含める)62,500円
  • 水道光熱費(春と秋は抑え、冬と夏に備える)15,000円
  • 通信費(携帯・固定電話・ネット回線)12,500円
  • 食費(お米やお酒も含める)37,500円
  • 日用品(食費と一緒にして全体で17%でもよい)5,000円
  • 保険(入りすぎないように)10,000円
  • 医療(0の月があっても多くかかる月に備える)5,000円
  • お小遣い(なくてはならない・笑)20,000円
  • 娯楽費(なくてはならない・笑)12,500円
  • その他(教育・車関係・服飾・理美容・家電・冠婚葬祭など)20,000円

私の考えでは、預貯金と住居費の比率さえ守れば、他の項目はある程度自由でいいのではないかと思っています。というのは、修正したければ後からいくらでも調整できそうだからです。 

何にお金を掛けたいかは個々に違うので、とにかく全体で100%に収まればいいわけですよね。もっと言えば住居費にお金を掛けたい人もいると思うので、預貯金の2割さえキープできれば何でもよし、という事にもなります。 

ただ住まいを賃貸ではなく購入の場合は、よくよく検討しないといけないなと思います。賃貸ほど簡単には住居費を変えられないので。私も今後、住まいを買いたい気持ちがありますが、そこだけは熟考しようと思います。マンションの場合は修繕管理費、戸建ての場合も修繕費を無視は出来ません。 

2割以上の貯金をキープできれば、いざという時のお金や教育資金もある程度できると思います。そしていずれは老後資金にも。この黄金比率、もっと若い時に知りたかったなと思います(^-^;。

hopstep2018.hatenablog.com

hopstep2018.hatenablog.com