アリギリスな毎日

東京賃貸2人暮らし:年間生活費300万円目標 +旅費。そんな暮らしを綴る日記です

アリギリスな毎日


東京賃貸2人暮らし:年間生活費 300万円目標 + 旅費、そんな暮らしを綴る日記です



現在の日本に転勤制度は有益なんでしょうか?

転勤という制度、もう見直しが必要では?

私の父は揺るぎない考えの持ち主で、転居を伴う転勤はしない・出世は望まないと公言して本当に転勤をしなかった人です。珍しい人だと思います(笑)。

多くの人は辞令が降りれば転勤を受け入れると思うのですが、この転勤はなぜあるのでしょう?シンプルに考えれば、企業にとってこの制度が有益だからですよね。不利益なことをわざわざするはずがありません。

でも気が付けば時代が変わりました。昔と違って共働きが多くなったこの時代に、転勤制度は機能的なの?家族があって、家族が一緒に住みたい場合はどちらかが仕事を辞めざるを得ません。

両方が仕事を続けるために単身赴任を選ぶ方もいると思います。もしそれが望むことではなく苦肉の策なら考えもの。転勤という制度が回りまわって今の日本に有益なのかちょっと疑問です。

グローバル展開をしていきたい企業は、海外勤務を社員に望みます。当然の成り行きだとは思いますが、これもまた転勤と同じことが起きます。海外勤務は確かに必要かなと思うけど、辞令が下りたら人生がそこで大きく変わりますよね。

好きなように選択できればいいけど、そうも行かないのが人生。置かれた状況の中で熟考して前に進まなくてはいけないのですね。今になって改めて、自分の父親の強い個性を感じています。 

もし我が家に転勤の辞令が下りたら、一番最初に頭をかすめるのはやはり介護の事です。私自身は続けたいと願うお仕事はないのでそこは問題ないですが、実家から遠く離れるのは問題です。これからは転勤と介護もセットになる課題ですね。