アリギリスな毎日

東京賃貸2人暮らし:年間生活費300万円目標 +旅費。そんな暮らしを綴る日記です

アリギリスな毎日


東京賃貸2人暮らし:年間生活費 300万円目標 + 旅費、そんな暮らしを綴る日記です



親の貯金が消えて無くなる前に、金銭トラブル

認知症は他人から普通に見える初期こそ、注意です

認知症はだんだん少しずつ進みます。初期は他人からは至って普通に見えますが、その初期から中期にかけて多いトラブルが、金銭トラブルだと思います。本人が起こす場合と、その近くにいる人が起こす場合の二通りがあります。

本人が起こすトラブルは、通帳を無くす探すを繰り返す、同じものを繰返し買う、高額商品を買ってしまう、お金の管理が出来ずどんどん使ってしまう渡してしまうなどです。近くにいる人が起こすトラブルはシンプルで“使い込み”です。クレジットカードがある場合はさらに怖いです。

大きな金額が消えてしまう前に

本人が起こすトラブルは、本人から通帳やカードを回収してしまえばいいのですが、まだまだしっかりしている分、当然抵抗を受けます。その場合は常に気遣って一定額だけ通帳に入れて本人に渡すなど配慮と工夫が必要です。

近くにいる人が使い込んでしまう場合は、その人と本人を離す必要がありますが、これがとても難しいです。例え全ての通帳とカードを回収しても、本人を連れて銀行で手続きすれば再発行が可能です。本人も再発行を望んだりしますし、銀行の方も会話が出来てある程度しっかりしていれば対応してしまいます。

なんとかして本人の口座を空にし金庫などに預けられれば良いですが、使い込む人が本人を離さない場合もあります。緊急性が高い時は最終手段として先に金融機関に認知症を告白し、故意に口座を凍結してしまう方法もあります。その後、そのお金を引き出す必要がある場合は後見人を立てます。

離れた家族に少しでもおかしいと思う事があったら、問題が大きくなる前に確認した方がいいです。重い話でなかなかup出来なかったのですが、お金は大事です。どなたかのお役に立てればと思います。