アリギリスな毎日

東京賃貸2人暮らし:年間生活費300万円目標 +旅費。そんな暮らしを綴る日記です

アリギリスな毎日


東京賃貸2人暮らし:年間生活費 300万円目標 + 旅費、そんな暮らしを綴る日記です



東京の家賃もいろいろ

山の手線の内側と外側

住居費を抑えるのが節約の近道。東京は家賃が高いと言われるけど23区だっていろいろです。高級住宅街もあれば、庶民的なところだってあります。私は今でも、住むことを想像しながらあれこれ見たりするのが好き。実際に歩いてみるのも好きです。

まず山手線の内側と外側では違うし、外側に出て離れれば離れるほど家賃相場は下がっていきます。23区を出ればもっと変わりますし、都内から離れても主要ターミナル駅まで乗り換えなしで行かれる駅なら便利です。ただ通勤ラッシュの混み具合は要チェック、見落とすと大変な目にあいます!

山手線の内側に素敵なお店はたくさんあるけど、スーパーやホームセンターの大型店はまずないです。大型店があるのは山手線の外側で、より郊外に多くあります。内側での食料品調達はコンビニと小型スーパー、あとはネットスーパーなどになるのかな。それから活気ある商店街が近くにあれば魅力的。

駅近とそうでない場合も暮らしは違ってきますね。駅近であれば、通勤の負担が軽くなるのは言うまでもなく、車の必要性も、自転車の必要性さえ変わってきます。お子さんがいる場合、送り迎えの負担も違ってくると思います。駅周辺施設が充実している場合は、買い溜めの必要性や通院の負担も変わってくるのではないでしょうか。ですが駅近のデメリットもいろいろあります。何かを優先したら何かを諦めなくてはいけませんね。これが難しいです。

同じ駅でも同じような立地条件でも家賃の幅は必ずあるから、柔軟な気持ちで探してみるといいと思います。新しいコンセプトのシェアハウスだって増えているので、しっかり探せば選択肢は広がるはず。東京は多種多様な人々が暮らしているから、これからだってどんどん新しい形が増えそう、私は期待しています。

東京は高いと単純に決め付ける事もないかなと思います。狭いのはなかなか避けられませんけど。。もちろん私が住んでいるのも、山手線の外側ですよ(笑)。